喘息治療

気管支喘息について

咳が長引いている時に見逃してはいけない疾患が喘息です。喘息には明確な診断基準がありませんので、総合的な判断が必要になります。アレルギー素因があって、発作的な咳、呼吸困難、喘鳴などが繰り返すようであれば喘息が強く疑われます。当院では、通常の呼吸機能検査に加えて、呼気中の一酸化窒素濃度の測定を重視しております。

呼気中の一酸化窒素は下気道のアレルギー性の炎症のマーカーとして有用であり、特に非発作時の喘息の診断にとても有効です。容易に測定でき、概ね5、6歳以上の小児の患者さんでしたら検査が可能です。治療には吸入ステロイド薬が中心となります。呼気中の一酸化窒素濃度は、喘息の治療効果の指標としても有用で、吸入ステロイド薬を加減する判断の目安になります。
また、近年one airway, one diseaseと言って、アレルギー性鼻炎と喘息を合併する患者さんの増加が注目されております。特にアレルギー性鼻炎を罹患されている方で、咳症状もあるかたは、どうぞお気軽にご相談ください。